©Kana Nishio

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

階段 / Stairs

「階段についての3つの実践 

 ① 階段を降りるスカーレットβ版 ② You can use the stairs and see a picture. ③ She is getting down a stair.

  "Three practices on stairs 1.βversion of Scarlet get down the stairs. 2.You can use the stairs and see a picture. 3.She is getting down a stair"

もっと見る

マルセル・デュシャンの代表作「階段を降りる裸体」では、他のキュビズムの絵画手法とは異なり、 一つの対象を様々な角度で観察するのではなく、一つの動く対象を一視点から観察し、観察した動きの瞬間を同一の絵画のなかに落とし込んでいる。そのキュビズムの時間的側面を引用し、 一点からモチーフを追うことを「映画的視点」として考えた。 また、「階段を降りる裸体」を窪田茂子やエドワード・マイブリッジをはじめとして様々な作家が、 行為や階段というモチーフをオマージュする作品を残している。 階段というモチーフは、展示空間に置かれることで、「階段を降りる裸体」を想起させるアイコン としての機能を果たしていると言える。 そのアイコン化したモチーフを元に、既存の映画のなかで階段を降りるシーンを切り取り、切り取られたシーンの中の時間が同居する映像とアイコンとしての階段を制作した。

Nu Descendant Escalier is a cubist painting by Marcel Duchamp.

H was an unusual style that required observing a single v of o, then describing that moment of observed action. I call this method ”Cinematic viewpoint”.

Some artist paid homage to ”Nu descendant escalier” which uses stairs and the action. For example Eadweard Muybridge, Shigeko Kubota and so on. 

If we put stairs in a gallery room, we could connect its relation to ”Nu descendant escalier” that put it in the exhibition.

Based on that, I expressed  Cubism, employing the ”Cinematic viewpoint”.

I edited the scene that goes down the stairs in the movie. I made a sculpture of stairs.